まぶたの皮膚というのは非常に薄く、少しの刺激でも他の肌よりも傷つきやすい

アイメイク、アイシャドウやアイライン、マスカラなどほとんどの女性はメイクアップをする際、このアイメイクをされていますよね。

実は、このアイメイク、クレンジングの仕方を間違うと色素沈着を起こしたり、まつ毛が抜けるなどトラブルになる場合があります。

まぶたの皮膚というのは非常に薄く、少しの刺激でも他の肌よりも傷つきやすいのです。

アイメイクのクレンジングの際、無理やりこすって落とそうとしたり雑にクレンジングをしてしまうと、まぶたに余計な負担をかけてしまいます。

アイメイクを落とす時は必ず優しくクレンジングをし、マスカラなど普段よりも濃いメイクをした際は、アイメイク専用のリムーバーで丁寧に落とした後に普段のクレンジングをするとよいでしょう。

アイメイク専用のリムーバーを使って濃いマスカラやアイラインを落とす場合、まつ毛の間など細かい部分は綿棒を使って落とすと綺麗に落ちますし、肌やまつ毛への刺激も最小限に抑える事が出来ますのでおすすめです。

綺麗にアイメイクをした日は、綺麗にアイメイクを落としていつでも綺麗な目元を維持しましょう

このページのトップへ